659 さよならのじゅんび

小学生の主人公が、大切な「とみばあちゃん」を看取るまでの日々のお話。 触れ合った日々は、いつかくるさよならを受け入れ、納得するためのじゅんびとなっていきます。

《日本子どもの本研究会選定図書》
《全国学校図書館協議会選定図書》

大井 玄:監修  中山成子:絵  
B5横判/32ページ/カラー/ハードカバー 
ISBN 978-4-87981-659-7
NDC 367
初版発行 2019-1-21
販売価格
¥1,944
在庫状態 : 在庫有り
数量

さよならのじゅんび

超高齢社会に突入した日本では、
今後、子どもに「死」をどのように伝えるかということが重要な課題になっていくでしょう。

 本書は、小学生の主人公「けんた」が、
大切な「とみばあちゃん」を看取るまでの日々を描きながら、
誰もがいつか死を迎える存在であるということ、
だからこそ命を大切に、現在を精一杯生きることが大事であると伝える絵本です。

659_1_mihiraki_off