675 うちに帰りたくないときによむ本

うちに帰りたくない「ぼく」と「あいつ」の出会いから始まる物語。
児童虐待の問題を抱える子どもたちに、相談することの大切さを伝える絵本です。

《全国学校図書館協議会選定図書》
川﨑二三彦:監修  北原明日香:絵  
B5横判/32ページ/カラー/ハードカバー 
ISBN 978-4-87981-675-7
NDC 367
初版発行 2019-7-25
販売価格
¥1,980
在庫状態 : 在庫有り
数量

うちに帰りたくないときによむ本

うちに帰りたくない「ぼく」が
公園で出会った乱暴な「あいつ」
反発しあいながらも、二人は徐々にうちとけあっていくのですが……。
児童虐待のトラブルを抱える子どもたちへ
「だれかに話してみよう」というメッセージを伝える絵本です。

児童虐待は、家庭という密室で進行し、だれにも知られぬままにしばしばエスカレートします。
この絵本は、そういった表に出にくい家庭のトラブルを抱えた子どもたちに
だれかに相談することを促し、援助へとつなげるものです。
ぜひ、児童虐待の早期発見に役立ててください。

675_3_mihiraki_off

書評掲載案内
◆こどもの本2019年11月号私の新刊コーナー(日本児童図書出版協会 刊)◆朝日新聞2019年11月8日号 生活面(朝日新聞社 刊)