221 野生生物保全教育入門

本書は、野生生物保全教育の理論と実践を一つにまとめた、日本で初めての本です。授業実践に加え、動物園や海外における保全教育の現場も紹介しています。

《全国学校図書館協議会選定図書》《日本図書館協会選定図書》
NPO法人野生生物保全論研究会:監著
A5判 口絵カラー8ページ・本文1色248ページ ソフトカバー
ISBN978-4-87981-221-6
初版発行 2006-07-01
販売価格
¥1,728
在庫状態 : 在庫僅少
数量

野生生物を学校でどう教えるか! 日本で初めての入門書です。

 野生生物保全に対する関心は、近年とても高まっています。学校教育のなかでも、野生生物を教材に取り上げることが増えてきました。
 本書は、野生生物保全教育の理論と実践を一つにまとめた、日本で初めての本です。小学校から中学、高校での授業実践に加え、動物園や海外における保全教育の現場も紹介しています。理科や社会科、総合的な学習、特別活動で、ぜひ本書をご利用ください。

【監著】
 NPO法人野生生物保全論研究会(JWCS)
【著者】
 小原 秀雄 岩田 好宏 坂元 雅行
 大森 享 戸川 久美

宮本 憲一 (前滋賀大学学長、環境経済学)
自然を豊かにとらえるために
 私たちは人の手で変えられた人為的環境の中で生きているが、歴史の中での人類としてみれば、野生の生物の中から、他の生物との関連の中で成長してきたのである。生物多様性の維持が人類の生存の環境であるという重大な事実を忘れて、地球環境を破壊してきたが、いま、人類が生物として維持可能なためには、野生生物の生態認識、人間と野生生物とのふれあいをもとめる教育が必要である。本書は野生生物保全思想は共存の思想であり、このための教育が環境教育の基底にあることを教えてくれるものとして推薦したい。
中川 志郎 (財団法人 日本動物愛護協会理事長・元上野動物園園長)
「野生生物保全教育入門」を推す
 新しい教育の分野が生まれました。野生の生物たちと私たち人間との関わりを実践的に勉強しようという、わくわくするような内容です。しかも、この分野こそ、自然と遠くなってしまった現代生活の中で最も求められていたものではないでしょうか!ここから人と自然との共生という明るい未来が見えてきます。
権藤 眞禎 (元神戸市立王子動物園園長)
 私は動物園で野生生物保全に取り組んできましたが試行錯誤の連続でした。この度、JWCSが学校教育に携わる先生方と4年間にわたり研究会を続けた成果である「野生生物保全教育入門」を手にする事が出来ました。豊富な実践教育から得られた内容が網羅されていて大いに啓発されました。これから野生生物保全に取り組む教育者、多くの学生諸君への指導書として必携の書であります。野生生物保全教育に大いに期待するものとして推薦します。
阿部 治 (IUCN教育コミュニケーション委員会委員・持続可能な開発のための教育の十年推進会議代表理事)
 絶滅を強いることによって人類は今、人間と野生動物との関係の長い歴史にピリオドをうとうとしている。しかしその行為は私たちの生存基盤を崩すことにほかならない。抽象的な議論ではなく、両者の関係を具体的に問い直す作業が急がれていた。この意味で本書は待望の書であり、人間と野生動物の共存という究極の持続可能な社会のあり方を現実面から直視し、環境教育や持続可能な開発のための教育(ESD)に新たな視座を示してくれる。

はじめに 野生生物保全教育とは

第1部   野生生物保全教育はどこまで進んでいるか


  1章   小学校での授業実践
  2章   中学校での授業実践
  3章   高校での授業実践
第2部   動物園に行って、子どもは何を学ぶか
  4章   学校で動物園に行ったとき
  5章   動物園の中で
第3部   野生生物保全教育を発展させるために
  6章   人々の生活と野生生物
  7章   これまで教育は何をしてきたか
  8章   海外での教育実践
  9章   野生生物の保全について

おわりに これからの課題

関連商品

  • 572 少年写真絵本 (4) えんとつと北極のシロクマ        

    《平成29年度静岡県夏休み推薦図書選定》
    《日本子どもの本研究会選定図書》
    《全国学校図書館協議会選定図書》

    温暖化で海が凍る期間が短くなった北極。シロクマには生きづらい環境となり、さらには、えんとつのけむりから汚染物質がせまってくる……。
    ¥1,512  数量
  • 527 少年写真絵本 (3) ウミガメ いのちをつなぐ岬           

    《光村図書小学4年生道徳教科書(平成30年発行)》
    《日本子どもの本研究会選定図書》
    《全国学校図書館協議会選定図書》
    《日本図書館協会選定図書》

    アカウミガメの産卵のふしぎと、その見守りを生活の一部とする人びとの姿を追う著者による、ウミガメと人とのつながりの物語。
    ¥1,512  数量