252 幼稚園・保育園での発達障害の考え方と対応

発達障害を抱える子どもたちをどう理解し、どのように支援していけば良いのか。
小児科医として30年の経験を持つ著者が、実際の対応をわかりやすく解説します。
現場で働く幼稚園・保育園の先生の手助けとなる一冊です。

平岩 幹男  医学博士:著
A5判 152ページ 本文2色 ソフトカバー
ISBN978-4-87981-252-0
NDC378
初版発行 2008-05-01
販売価格
¥1,296
在庫状態 : 在庫有り
数量

「発達障害」のある幼児への理解と対応をわかりやすく解説。幼稚園・保育園の先生必読!

 356-hattatsu_yoho_hyoshi  発達障害をかかえる子どもたちをどう理解し、どのように支援していけば良いのか小児科医として30年の経験を持つ著者が、実際の対応をわかりやすく解説します。
 現場で働く幼稚園・保育園の先生の手助けとなる一冊です。

【著 者】
医学博士  平岩 幹男
日本小児保健協会常任理事、日本小児科学会監事
埼玉小児保健協会会長、東京大学大学院医学系研究科非常勤講師
中島病院付属なかじまクリニック発達外来

 

目次  
序 章 Tくんのこと
第1章 子どもには個人差がある
第2章 気になる子どもたちとは?
第3章 扱いにくさをめぐる問題
第4章 発達障害とは?
第5章 発達障害の各論
第6章 幼稚園・保育園で疑われた発達障害
第7章 行動療法
第8章 最終目標は何か
第9章 就学前健診
終 章 おわりに~Take Home Message
付録1 幼稚園教諭・保育士さんたちとのQ&A
付録2 診断基準

気になる子どもたちとは?
気になる子どもたちとは?

 

幼稚園・保育園での対応のポイント
幼稚園・保育園での行動のポイント

 

行 動 療 法
行動療法の実際

 

行 動 療 法
行動療法の実際

 

 子どもの発達には、常にある程度の幅があります。特に幼児期は、ばらつきや個人差が大きい時期です。そのため、成長の遅れが気になる子どもがいた場合、これが正常な範囲のばらつきなのか、発達障害を伴っての遅れなのかを判断することは、とても難しいことです。また、幼稚園・保育園で発達障害が疑われた場合、どのように保護者へ伝えるかも大変重要で、対応に困っている先生方がたくさんいらっしゃいます。

 本書では、小児科医として30年の経験を持つ著者に幼稚園・保育園における発達障害の主な症状と、具体的な対応について解説していただきました。子どもへの愛情あふれる言葉の数々は、先生方を励まし、勇気づけてくれると思います。ぜひ読んでいただきたい一冊です。

関連商品

  • 254 発達障害 はじめの一歩~特別支援教育のめざすもの~

    《日本図書館協会選定図書》
    本書は、ADHDやアスペルガー症候群など発達障害の子どもたちの日常生活、症状やケアについて、イラストやマンガでわかりやすく解説。また、教育現場・家庭でどのようなサポートができるのかのヒントも紹介します。
    「発達障害が今ひとつわからない」「どこから手をつけていいのかわからない」といった多くのみなさんの入門書として、また実践書としてご活用ください。
    ¥1,296  数量
  • 359 幼稚園・保育園での発達障害の考え方と対応 役に立つ実践編

    2008年5月に発行した「幼稚園・保育園での発達障害の考え方と対応」の続編です。発達障害を抱えた幼児の特徴、幼稚園・保育園での具体的な対応、保護者との連携、小学校に入るまでに身につけることなど、多岐にわたりわかりやすく解説しています。
    なかでも、対応の部分には特に力を入れており、すべてイラストつきで紹介しているので、すぐ実践できるものばかりです。
    ¥1,296  数量
  • 388 発達障害 共生への一歩 ~みんな違う だからいい~

    《全国学校図書館協議会選定図書》
    《日本図書館協会選定図書》

    「空気の読めない」発達障害の子どもたち(大人も)も含めて、あらゆる人が自分らしく共に生きる社会を目指す、「はじめの一歩」に続く第2弾。
    ¥1,296  数量
  • 392 教えて、のばす!発達障害をかかえた子ども-幼児期のABAプログラム-

    発達障害を抱えた子どもたちが、社会で自立していくための療育や対応について、専門的な言葉は使わずにわかりやすく紹介しています。著者は、発達障害を抱えた子どもの保護者であると同時に、脳科学の研究者、自閉症のアドバイザーでもあります。
    ¥1,296  数量