575 もっと自分を好きになる ドキドキワクワク性教育 (5) セクシュアルマイノリティってなに?

自分のセクシュアリティについて考えることをきっかけに、セクシュアルマイノリティとは何か、ということと、お互いの〝自分らしさ”を尊重することが、世界を心地良いものにするということを伝える、 思春期の子どもたちへ向けた絵本です。

《日本子どもの本研究会選定図書》
《全国学校図書館協議会選定図書》

監修:日高庸晴(宝塚大学 看護学部 教授) 絵:中山成子
B5横判/40ページ/カラー/ハードカバー
ISBN 978-4-87981-575-0
NDC 367.9
初版発行 2017-1-10
販売価格
¥1,944
在庫状態 : 在庫有り
数量

思春期の入り口やまっただ中にいる子どもたちのための本。
自然に「性」を学べる絵本仕立てで、科学的にも読み応えがあります。
「性」を肯定的にとらえ自己肯定感を 育てるヒントが満載。
子どもが一人でこっそり読めるよう、
カバーを取った本体には「性教育」という文字を入れていません。
どのご家庭でも、また学校でも、性教育は常に課題のテーマです。
子どもたちに言葉で面と向かって説明しづらいことも、この本なら
優しいタッチのイラストとストーリーで伝えられます。
保健室文庫、図書館蔵書、カウンセラールームの文庫などにも備えてお役立てください。

5750_hyoushi

5750_mihiraki_off

書評掲載案内
◆北海道新聞 2017年2月5日号(親と子サンデー コーナー)

関連商品