445 からだはすごいよ! ドキドキかんじるしんぞう

心臓はなぜ休むことなく動き続けているの?
人体にとって最も大切な心臓の働きを、読んで、感じて、学ぶことができる絵本。

《日本子どもの本研究会選定図書》
《全国学校図書館協議会選定図書》

木村 倫子:絵  弓倉 整:監修
B5横判/32ページ/カラー/ハードカバー
ISBN978-4-87981-445-6
NDC 491
販売価格
¥1,944
在庫状態 : 在庫有り
数量

 心臓は生まれてから死ぬまで、常に動き続けていて、一生分の拍動の回数は約28億回にも及びます。心臓はなぜ動き、体の中でどういう働きをするのか、少年とインコが登場し、その謎を探ります。心臓の働きを知ることを通して、命の大切さを感じてもらいたいと思います。

書評掲載案内
◆こどもの本2015年2月号(日本児童図書出版協会 刊)、◆冬の友2014年(岐阜県校長会館 刊)、◆日医ニュース2014年2月20日号

関連商品