少年写真新聞社

書籍・教材

566 健康ハッピーシリーズ (1)
子どものうちに知っておきたい! おしゃれ障害


岡村 理栄子:監著

年々過激になる子どものおしゃれ。どんなに心配しても「なぜダメなのか」を説明しなければ、子どもは納得できません。 子どもも大人も、おしゃれ障害を知って、安全なおしゃれを始めてみませんか?

販売価格 ¥1,760(税込)

数量

    岡村 理栄子:監著
    A5判 152ページ カラー ソフトカバー
    ISBN978-4-87981-566-8
    NDC 494
    初版発行 2016-7-30

5668_title


 今ドキの小中学生のおしゃれは、お化粧やマニキュアが当たり前。「子どもだからおしゃれはダメ!」と言い聞かせても、理由がわからなければ子どもは納得できません。
「ジェルネイルはなんでダメなの?」「美容整形はなんでダメなの?」「ムダ毛はなぜ生えるの?」などの、聞かれたら答えに困るおしゃれの「危険」と「疑問」をイラストと豊富な症例写真でやさしく解説しています。
自分らしいおしゃれを考え、自己肯定感を高める読み物ページ付き。
5668_hyoushi2
【監修・著者】
岡村 理栄子(岡村皮フ科医院 院長/東京都皮膚科医会元会長/日本小児皮膚科学会運営委員)
【部分監修】
坂田実紀(新宿眼科クリニック 院長)
高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科 主任部長)
伊藤 剛(北里大学東洋医学総合研究所 准教授)

 

 

5668_88-89
まちがいさがしの形式で“おしゃれ”の危険性を自分で理解できます
5668_90-91
<目次>
  はじめに
第1章
  おしゃれ、好き?
第2章
  おしゃれのまちがいさがし
    二重化粧品・つけまつげ
    メイク・スキンケア
    髪のおしゃれ
    ピアス・金属アレルギー
    にきび
    カラーコンタクトレンズ ※1
    爪のおしゃれ
    足に合わない靴・水虫 ※2
    むだ毛のケア
    タトゥー(入れ墨)、ヘナタトゥー
    プチ整形(美容整形手術)
    体の冷え ※3
    人工日焼け・ダイエット・香害(こうがい)
    おしゃれ障害かも・・・!と思ったら
第3章
  おしゃれの力
    おしゃれで人生は変わる?!
    先輩からのメッセージ 10代のみなさんへ
第4章
  自分のこと、好き?
    さくいん
    あとがき
〈監修〉:新宿眼科クリニック 院長 坂田実紀
〈監修〉:済生会川口総合病院皮膚科 主任部長 高山かおる
〈監修〉:北里大学東洋医学総合研究所 准教授 伊藤 剛
書評掲載案内
◆中日新聞2016年8月21日号(ジュニ中図書室コーナー)、◆教育新聞2016年9月19日号(Book Review)◆日本教育新聞2016年11月28日号 新刊案内(日本教育新聞社)

関連商品

  
  • 写真ニュース見積もり
  • 本ちゃんブックカバー
  • 事務室カレンダー
  • としょかん町のバス
  • 月経授業
  • 気づきを育む 写真で学ぶ 英単語